カテゴリー
ライフスキル教育

ライフスキルを学ぶ校内研修に参加しました

【日時】:令和3年12月13日(月)

【場所】:川口市立芝中学校

【内容】:ライフスキル教育「コミュニケーションスキル」…上手に誘いを断ろう

川口市立芝中学校では、昨年度に引き続き、ライフスキルを学ぶための校内研修会を開催しました。生徒たちのコミュニケーションに課題を感じているとの研究主任の先生のお話を受け、「上手に誘いを断る」コミュニケーションスキルについて学ぶことにしました。皆さん、大変意欲的に取り組まれていました。

カテゴリー
ライフスキル教育 健康教育に関するトピック 講演会・セミナー開催

第1回青少年健康力育成フォーラム

(東京都北区地域づくり応援団事業)

11月7日(日)                「ゲーム・スマホ・ネット依存から子どもを守る」企画A【講演会・シンポジウム】を開催しました

当日は、約100名の方が参加しました。講演会では、依存症問題では我が国の第一人者である久里浜医療センター院長 樋口進先生からお話をいただきました。ゲーム障害について、ゲーム・ネット依存の予防について、また対応の基礎的な事柄等を分かりやすくお話しいただきました。

後半のシンポジウムは「ライフスキルの可能性」をテーマに、勝野理事長の司会のもと、並木副理事長、西岡理事、佐藤事務局長がそれぞれの立場からライフスキル教育について発表しました。ライフスキル教育では、コミュニケーションスキルや意思決定スキルを高め、自分が大切だと思える自尊感情を育てることにより、様々な危険行動から身を守る基礎的な力を身につけることができる。そういう考え方であることを紹介しました。

企画B【ライフスキル・ワークショップ】を4回開催しました。

11月13日(土)「聞き上手になろう」

はじめに、法政大学教授 鬼頭英明教授(JYHL理事)から、大学生の実態と照らし合わせながらライフスキルの可能性についての講義がありました。その後、「上手に話を聞く」演習をたっぷり行いました。話をしっかり聞いてもらえることが、これほど気持ちの良いことだとは!!

11月20日(土)「上手に誘いを断ろう」

身近な人の誘いは断りにくもの。できるだけ人間関係を壊さずに、自分の意思を上手に伝えるコミュニケーションスキルの学習をしました。

12月4日(土)「より良い意思決定をしよう」

私たちは、朝起きてから寝るまで、毎日毎日意思決定の連続の中で生活しています。できるだけ失敗が少ない、後悔が少ない、そんな意思決定の仕方を学びました。皆さんと話し合うことで、考えが広がったり深まったりしました。

12月11日(土)「広告を分析しよう」

テレビ、スマホ、新聞…毎日沢山の広告を目にしています。良いところだけが大きく表現されている広告を、上手に分析できる力を身につけることは意思決定にも関わる大切なことです。お酒や新聞に記載されている様々な広告を分析しました。

頑張って参加された受講者の皆さんに、講座受講認定証を授与しました。

NPO青少年健康力サポートラボ・ジャパン

左から…

理事   西岡伸紀

理事   鬼頭英明

理事長  勝野眞吾

副理事長 並木茂夫

理事   北垣邦彦

カテゴリー
ライフスキル教育 健康教育に関するトピック 未分類

ワークショップ修了しました

東京都北区地域づくり応援団事業「ゲーム・スマホ・ネット依存から子どもを守る」の「企画B」(ライフスキル・ワークショップ)が修了しました

申込み・お問い合わせ

メール⇒info@jyhl.org 電話⇒090-2231-3678(並木)

カテゴリー
ライフスキル教育 性教育

「性と心」の研修会を開催しました

【日時】 令和3年8月20日

【場所】 東京都北区王子「北とぴあ」901会議室

【内容】 ①講演:「学校保健の動向」                   

講師 北垣邦彦 (東京薬科大学教授・元文部科学省健康教育調査官)

     ②ワークショップ:「ライフスキル教育を主とした性に関する学習」 

はじめに、北垣先生から学習指導要領に基づいた性教育・性に関する指導の在り方について、詳しくかつ分かりやすい解説をいただきました。後半のワークショップでは、ライフスキル教育の考え方を生かした3つのプログラム(①性に関するストレスへの対処 ②性に関する情報源 ③広告の分析)を楽しみながら学びました。参会者がみな積極的に参加し、有意義な時間を共有しました。参会者からは「もうすぐ2学期が始まります。是非学級の指導に生かしたい。」といった感想がありました。

北垣先生の講演

ブレインストーミング

後半のワークを終えて、東京薬科大学教授である北垣先生が「大変参考になるワークでした。大学でも活かせそうです。」といった感想を述べられました。

カテゴリー
ライフスキル教育

茨城県鉾田市立旭西小学校における実践を紹介します

本会正会員である鉾田市立旭西小学校養護教諭 関根幸枝先生が、自校における実践を紹介してくれました。関根先生は、養護教諭の目線をいかしながら学校におけるライフスキル教育の推進に尽力しています。どうぞ参考にしてみてください。

カテゴリー
ライフスキル教育

兵庫教育大学大学院のリモート授業に参加

本会副理事長 並木茂夫 が、兵庫教育大学大学院教授 西岡伸紀先生(本会理事)の「健康教育論」の授業に、リモートで参加、講義を行いました。その成果をまとめた内容が以下のとおりです。

担当する大学院の授業「健康教育論」では,15回の授業のうちライフスキル育成に8回を割り当て,セルフエスティーム育成,意思決定スキル・広告分析,自己主張コミュニケーションスキルを取り上げています(26人受講,現職者が約半数)。最後には,ライフスキル育成に関わる家庭との連携について,埼玉県川口市の実践を短く紹介します。今回,受講生から連携について詳しい情報を求められたため,急遽,並木先生にZOOMによる講義をお願いしました。

講義では,内容を拡大して,ライフスキルを中心とした「性と心」(性教育)の実践を紹介されました。それに関り,連携では,「家族関係を改善する学習」として,生徒による「家族のために自分ができること」の制作と発表,「親のためのライフスキル講座」として,保護者による「上手に話を聞こう」「広告分析」「コラージュ「自慢の我が子」の作成・紹介」の体験学習,保護者の「性と心」の授業参加として,ロールプレイングにおける誘い役の担当などを多様な活動が紹介されました。

学校と家庭の連携によるライフスキルの育成に,受講生はずいぶん刺激を受けた模様で,講義のあと3人が質問しました(日頃より多い!)。受講者のライフスキル教育のイメージが広がった様子でした。専門や現職の先生方に,短い時間でも講義をいただくことの有効性を実感しています。味を占めてしまったかもしれません。

(兵庫教育大学大学院教授 西岡伸紀先生より)

カテゴリー
喫煙、飲酒、薬物乱用防止教育

薬物乱用防止教育のための参考資料2021版(スライド)を作成しました。この内容の一部は大阪大学におけるオンライン授業に用いました。

カテゴリー
ライフスキル教育

保健委員会に参加しました(講師)

【日時】令和2年12月14日(月)

【場所】川口市立戸塚西中学校

【内容】生徒保健委員会に講師として参加しました。「メディアと上手に付き合おう」と題して「よりよい意志決定・行動選択」について考える活動を行いました。

カテゴリー
ライフスキル教育

校内研修会に参加しました(講師)

【日時】令和2年12月14日(月)

【場所】埼玉県川口市立芝中学校

【内容】コロナ渦における生徒のストレスに焦点をあてながら、ライフスキル教育の研修を行いました。芝中学校では、このコロナになってから、生徒にどのような変化があったのか、全校生徒対象にアンケート調査を実施しました。その結果を用いて、ワークショップ型の研修を行いました。様々な不安や不満を前向きに考え、ストレスを上手に乗り越えていく方法について、先生方全員で考えました。

✿川口市立芝中学校では、この校内研修会を受けて、第2学年において「コロナに負けない!」と題して授業を実施しました。

生徒達は、真剣に授業に臨み、このコロナ渦における不安や不満、困っていることを前向きに捉え、仲間にむけた素敵なメッセージを発信することができました。

令和2年度

川口市立里中学校の二年生においても、同様の学習を行いました。生徒たちは、行事ができない、部活動が思うようにできない・・・など、コロナ渦で感じる様々な不安や不満を前向きに捉えていこうとする、強くたくましく明るいメッセージをポスターにまとめることができました。

カテゴリー
喫煙、飲酒、薬物乱用防止教育

「喫煙、飲酒、薬物乱用防止教室」を行いました。(講師)

【日時】 令和2年12月3日・4日(木・金)

【会場】 埼玉県川口市立芝東中学校 体育館